和歌山県田辺市のハウスビルダー 株式会社 山幸

お問い合わせ

「新エネルギー」を未来に

太陽光発電とは

自然エネルギーを活かした発電方法の1つです。発電時に廃棄物、排水、排気などが発生することがないため安全にご使用いただけます。
また、太陽光エネルギーは水力発電、火力発電、風力発電などと比べても、比較的安定した発電量を保ちます。
全国的に自然意識向上の中、各ご家庭、各企業、一人ひとりができることとして省エネルギーがあります。太陽光発電を実施することにより電気代の負担を減らし、CO2削減で温暖化防止効果も得られます。

山幸では環境に配慮した
クリーンエネルギーの導入に力を入れています。

地球上のクリーンエネルギー減の比較(エネルギー量・毎秒)
水力
5億Kcal
潮汐流
7億Kcal
地熱
77億Kcal
風波
880億Kcal
太陽光
420,000億Kcal

太陽光のエネルギーは巨大で枯渇することがありません。近い将来枯渇すると言われている原油、また毎年減少の傾向にあたる森林。未来のこどもたちによりよい地球を残す為に、私たちが「今」できることの1つとして太陽光発電を始めませんか。

太陽光発電のメリット

  1. 電気代の値上げの影響が少なくなります。
  2. 余った電気の買い取り価格が1kwあたり26円(平成29年度)
    ※余剰(1kwあたり28円<税込>10年間、全量(1kwあたり18円<税込>20年間
  3. おおよその屋根に設置可能。
  4. 設置費用はかかりますがソーラーローンがご利用可能。
    ※オリエントコーポレーション 最長10年

設置工事が完了し、運転開始すれば面倒な操作は不要です。(自動運転)

太陽光発電システム選べる2つの買取制度

[余剰電力制度]
発電した電気を自宅で使用し、余った電気を電力会社に販売する。天気が悪くて発電量が少ない日や夜間などには電力会社から電気を購入する。電気の買取価格は1kWh当たり28円(税込・平成29年度中に契約の場合)。10年間、同価格で買い取ってくれる。電気代が節約できる上に、売電収入を住宅ローンの一部に充てることができる。

[全量買取制度]
発電した電気を全て電力会社に販売する。販売価格は1kWh当たり21円(税込・平成26年度)で、買取期間は20年間。設備費用は大きくなるが売電収入も増えるので、投資の回収が早くなる。売電した電気を全て販売するので、日常使う電気の料金は、これまで通り電力会社に支払う。

[余剰電力買取制度]を導入した場合の設置例

[全量買取制度]を導入した場合の設置例

一般住宅にも設置される方も増えています。新築とセットで全量買取制度にて太陽光発電を設置すると、上記例システム約10kwの場合、月々20,000〜30,000円程度の電力会社への売電分を住宅ローンに充当することができ、家計が楽になります。(株)山幸なら新築と太陽光がセットででき、実績も豊富です。

※上記例はシャープ製にて表記していますが、シャープ、ソーラーフロンティア他各社メーカーも取扱ってます。
屋根が大きく、目一杯システムを設置すればする程、大きな効果が得られます。

施工事例とお客様の声