和歌山県田辺市のハウスビルダー 株式会社 山幸

お問い合わせ

会社概要

会社の沿革

当社は昭和46年6月11日、和歌山県田辺市に、山幸住宅産業株式会社の名称にて設立、直系会社山幸林業株式会社の産出する、内地産杉・桧を使用し、「使う人・住む人のお気持ちをわが心として」をモットーとした木造注文建築、及び優良な宅地分譲を主体として営業開始。

昭和50年より、鉄骨鉄筋構造建築分野に進出、同52年3月一級建築士事務所登録、宅地建物取引業者の大臣免許取得、建築土木工事業も建設大臣特定許可を取得し、総合建築業者として実績の拡大に伴い、設立10周年を機として社名を株式会社山幸に改称し、現在に至る。

社  名 株式会社 山幸
本  社 和歌山県田辺市朝日ヶ丘17番14-101
創  立 昭和46年6月11日
営業品目 1.住宅建設売買 2.土地造成売買 3.受託機器の売買 4.土木および建築請負業
5.山林その他不動産の売買、斡旋、賃貸借および管理業 6.前各号の業務に附帯する一切の業務
代表取締役 杉若貴之
登録免許 建設業:和歌山県知事許可(特-28)第16089号
一級建築設計事務所 :和歌山県知事登録 第(イ)551-10号
宅地建物取引業:和歌山県知事(2)第3667号

JIOの保険

お客様により良い住生活を楽しんでいただけるよう万全の体制を整えております。

山幸は日本住宅保障検査機構
(JIO・国土交通大臣指定評価機関)に登録しています。

日本住宅保証検査機構 http://www.jio-kensa.co.jp/

スタッフ紹介(営業部)

スタッフ

永田 直之(ながた・なおゆき)
役職:営業部長
資格:二級建築士・宅地建物取引士
エネルギーマネージメントアドバイザー
家族構成:妻(年上)、息子、ミニチュアシュナウザー
趣味:野球(観戦よりプレイヤー)、おいしいものを食べること
飲むこと
特技:子供と仲良くなること
バッティングセンターで150km/h の球を当てること
家づくりに対する得意分野:
住宅ローン含め資金計画(家計の見直し)・自分の家と思って打ち合わせするプランニング、水廻り(元タカラスタンダード㈱社員)
ひとこと:
はじめまして。大阪府堺市より上富田町へ永住しました、永田直之です。高い買い物だからこそ、お互いに本音で話し、我が家を建てるつもりで家づくりに取り組んでいます。「真剣」かつ「楽しく」をモットーに完成した後も公私共に末永くお付き合いできるように取り組んでいます。
スタッフ

濱口 智浩(はまぐち・ともひろ)
家族構成:妻、こども2人(娘・息子) 
趣味:釣り、楽器演奏、音楽鑑賞、映画鑑賞
特技:子供と遊ぶこと
家づくりに対する得意分野:
将来を見据えた資金計画、住宅ローンアドバイス
ひとこと:
元音響エンジニアの仕事から約10 年前にこの業界に転職しました。注文住宅ならではの、お客様とじっくり打ち合わせを進めていくこのお仕事が大好きです。
また、間取りも大事ですが、予算や月々のローンの支払いなどを考慮しながら、建てた後のお客様の将来も見据えたご提案ができるよう、心がけています。
スタッフ

田上 晃平(たのうえ・こうへい)
家族構成:妻、こども2人(息子) 
趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、釣り
特技:スポーツ全般
家づくりに対する得意分野:
若い世代の生活スタイルに寄り添ったプランニング!
ひとこと:
建築現場を経て営業に転身しました。現場と営業、両方の視点からお客様をサポートできるのが僕の強みです。
また私生活では二児の父親ということで、これから家を建てたいという子育て世代のお客様と同じ目線で家づくりのご提案、サポートができると思います!小さなことでも、なんでもお気軽にご相談ください。
山幸の家づくりQ&A

ZEH目標公表資料

(1)ZEH の周辺・普及に向けた具体策
国内エネルギー消費量増加問題と共に、世帯当たりエネルギー消費増加を抑制するため、住宅エネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅(ネット・ゼロ・エネルギーハウスZEH)を提供する取り組みが国レベルで勧められていることに合わせ、弊社が提供する住宅を、2020 年度までに50%以上ZEH 仕様としていくことを各広告媒体、HP 等で告知し、一般顧客に向けて周知、普及に努めます。

(2)ZEH のコストダウンに向けた具体策
現状の弊社標準仕様との比較検討を行い、ZEH 標準仕様を決定し、既存取引メーカー、仕入先はもとより、全社員がより良いZEH をコストダウンして提供できるように検討会を行い実現していきます。

(3)その他取り組みなど
従前より太陽光発電設置工事又、その他設備の高効率化の工事実績は多く、創エネルギーに対しての意識付けは高い状態ですが、更なる提案を進めるために新規製品情報を常に収集し、お客様満足の向上に努めます。

2016 年度 2017 年度 2018 年度 2019 年度 2020 年度
実績 ZEH 普及目標
0% 0% 50% 70% 75%